【どこからがイジメ?】イジメの加害者にならないための“命の生教育”

思春期に伝えたいメッセージ
この記事は約6分で読めます。

『アイツ、むかつく』とか思ってしまうことあるよね。
でも、そんな時に読んでほしい。
悲しいけど、誰でもイジメの被害者や加害者になってしまう可能性がある。
だけど、誰にもイジメの被害者にも加害者にもなってほしくない。。。
イジメの加害者になってしまう前に。。。
親が本当に伝えておきたい 命の “生教育” メッセージ。

 

1. イジメを通して、子供が犯す犯罪行為

思春期になると、男の子も女の子も心が自立し始める時期で、心が不安定になりやすい。

なんだか無性にイライラしたり、落ち込んだり、コンプレックスに悩んだり。

個人差はあるかもしれないけど、みんなその心の不安定、いわゆる反抗期を乗り越えて大人になっていく。

心の中のイライラを周りにぶつけてストレス発散は良くないよね。

だからこの時期に、自分に合ったストレス解消法を見つけておくことは、とても大事。

『反抗期だから仕方ない、何をやっても許される』って訳じゃない。

大人社会で許されないことは、もちろん子供社会でも許されない。

例えば、脅迫、誹謗中傷、器物損壊、暴力行為。

これらはもちろん犯罪だけど、子供たちのイジメの中でも起こり得ること。

子供でも、イジメを通して犯罪を犯す危険がある。

子供でも、イジメを通して人の命を奪ってしまう可能性がある。

 

 

2. イジワルとイジメ

イジワルとイジメは違うと思う。

イラっとした時に、ついイジワルしちゃうことはあるかもしれない。

キツイ言葉を言ってしまったり、八つ当たりをしてしまったり。

私もある。

イジワルされた方はたまったもんじゃないけど、イジワルなら、心の傷も擦り傷ぐらいで時間が過ぎれば治るでしょう。

だけどイジワルがイジメにエスカレートしたら、相手の心に与える傷の深さは計り知れない。

一生治らない心の傷を残してしまうかもしれない。

 

イラっとしたきっかけがあったかもしれない。

『イジワルしてやろう』って気持ちが芽生えてしまったかもしれない。

だけど、そのイジワルを続けちゃダメ。

イジワルを相手に執拗に続けるのはイジメだから。

集団で1人にイジワルをするのもイジメ。

だけど、それがイジメかイジメじゃないかって、本当は自分自身が一番よく分かってるんじゃないかな。

相手の困った様子を見て、自分の心の中の悪魔が笑っていたら、それはイジメなんだと思う。

 

 

3. イジメの加害者にならないための、合わない人との付き合い方

学校には、自分と合わない子もいると思う。

いろんな子がいて当たり前。

自分と合わないからってイジメていい理由にはならないよね。

ましてや、反抗期のイライラをイジメで発散なんて、言い訳にもならない。

合わないんだったら、無理して近づかなくていい。

なるべく視界に入らないように距離を取るの。

無視する訳じゃないけど、必要以上に関わらなければいいだけ。

 

だけど「合わない人とは距離を取る」っていうのは、これが意外と難しい。

相手から近づいてくることもあるし、みんなであからさまに距離を取ると“無視”というイジメになっちゃうし。

だけど、無理して一緒にいたら、いつか気持ちが爆発しちゃうかもしれない。

だから、もし合わない人が近づいてきたら、

「さりげなく爽やかにその場からフェードアウト」

これがポイント。

ただし1人で。

フェードアウトするのに、誰かを誘っちゃダメ。

あからさまになってしまうから。

それに、自分は合わないかもしれないけど、他の人も合わないとは限らないしね。

『電話かかってきちゃった』とか適当に理由をつけて、さりげなく爽やかにその場からフェードアウト。

人には相性があるから、合わない人がいるのは仕方ない。

合わない人に対して攻撃さえしなければ、仲良く出来ない自分を責める必要はないと思う。

堂々とフェードアウトすればいいだけ。

 

社会に出れば、もっといろんな価値観の人に出会うことになる。

気の合う人もいれば、合わない人もいるでしょう。

でも、気に入らないからって自分から攻撃してたら、あなたの周りは敵ばかりになっちゃう。

残念ながら、大人になっても敵ばかり作ってしまう困った人っているんです。

しかもそういう人に限って、わざわざ自分から攻撃をしてくる。

だからますます嫌われてみんなが離れていくのに、自己中な “正義” を振りかざしては、また懲りずに周りにちょっかいを出す。

「あおり運転をする人」とかが、まさにそれ。

しかも『自分は正しい』と思ってるんだからタチが悪い。

そういう人は、やっぱりどこに行っても嫌われる。

そんな痛い大人にはならないで。

もちろんイジメの加害者にも。

 

 

4. イジメの加害者の代償

良いことも悪いことも、その印象が大きければ大きいほど、人の記憶に残るもの。

イジメの加害者だって酷いイジメをすればするほど、被害者はもちろんクラスメイトはそのイジメを忘れない。

多くのクラスメイトは、イジメに巻き込まれたくなくて、見て見ぬフリだったかもしれない。

『助けてあげられなくてごめん』って思っていたかもしれない。

だけど、ちゃんと見ていたはず。

大人になっても、顔を見れば『あの時のイジメの加害者だ』と思い出す。

加害者がいくら『あの時のイジメは過去の過ちで、自分は心を入れ替えた』と言っても、信じてくれない人もいるでしょう。

許してくれない人もいるでしょう。

『アイツとは、もう関わりたくない』と思う人もいるでしょう。

イジメが酷ければ酷いほど、みんなの心に刻まれて「イジメの加害者」というレッテルが一生付きまとう。

それがイジメをした加害者の代償。

被害者も加害者も誰一人、得をしないのがイジメなの。

 

言葉だけでもイジメは出来てしまう。

言葉だけでも殺傷能力がある。

しかも、言葉で受けた心の傷は目に見えない。

傷の深さが見えないところが、心の傷の本当に怖いところ。

だから『これ以上やったら、相手は死んでしまうかもしれない』ということに気づかない。

心の致命傷は目に見えない。

 

だから想像してほしい。

その言葉を言ったら相手はどう思うか、自分だったらどう思うか。

そんな態度をとったら相手はどう思うか、自分だったらどう思うか。

それを想像する気持ちがあれば、「自分がされて嫌なことは、人にもしない」だろうし、自分の心の中の悪魔が大きくなってしまった時にも、きっとブレーキがかかると思う。

少なくとも、相手の心に致命傷を与える前に止めることが出来ると思う。

「自分だったら・・・」この想像する気持ちが、イジメの加害者にならないために一番大事なんだと思う。

 

 

タイトルとURLをコピーしました